kindleってぶっちゃけどうなの?本の虫がたどり着いたkindleの使い方

電子書籍、手軽で場所も取らなくていいですよね。

電子書籍はスマホやタブレットのアプリでも楽しめますが、専用端末もあります。そんなに安くもないし、わざわざ専用端末を買うほどの価値があるのかと思っている人も多いんじゃないでしょうか。

というわけで今回はAmazonの「kindle paperwhite」を一年以上使ってきた僕が、電子書籍専用端末について思うことをぶっちゃけていこうと思います。

文字の見やすさ

文字の見やすさは大事ですよね。専用端末はスマホやタブレットのディスプレイとは違い、電子ペーパーを採用しています。

僕は実際に見てみるまで、「そんな大したもんでもないやろ」と思っていましたが、いい意味で期待を裏切られました。本当に紙の本のような読み心地でびっくりしました。反射もなくどの方向から見ても鮮明に見えますし、外でも問題なく見えます。流石は専用端末といったところ。

スマホやタブレットだとどうしても背景の白がチカチカしてしまって目が疲れるのですが、専用端末は白の部分が光っているわけではないので全くチカチカしません。

向いている本は?

kindleの欠点としては以下のものがあげられます。

  • 白黒
  • 画面サイズが文庫本程度と小さい
  • スムーズに画面が切り替わらない
  • ぱらぱらとめくれないので見返しにくい

 

これらを踏まえて向いているのはズバリ「一気にすーっと読めるマンガ・小説や自己啓発書など」です。

雑誌や図入りの本なんかは白黒で画面も小さいので向きません。スマホやタブレットの方が向いています。拡大や縮小もやりにくいです。

あとは読んでいる途中にも頻繁に見返す人文書なんかも向きません。画面も小さく、自分が全体のどのあたりを読んでいるか感覚的に分かりにくいため、文章や論理の流れが掴みにくい時もあります。

僕の使い方

僕はkindle paperwhiteを移動中、就寝前に主に近代文学の短編を読むのに使っています。移動中、就寝前はともかくなぜ近代文学の短編なのか説明します。

まず移動中や就寝前はそんなにガッツリ本を読む状態ではないので、あまり長いものは読んでて流れに乗れそうなときに読むのをやめないといけなくなることが多いです。そんなわけで短編はなかなかいい選択肢です。

もう一つはkindleストアで近代文学の著者毎の全集が格安で変えることです。確かに電子書籍が紙の本より安いですが、そんなに差はないのが現状でそんなにぽんぽん買えるものでもありません。なので百円程度でたっぷり楽しめる全集はなかなかいいです。

しかも近代の作家は数ページ~十数ページくらいの短編を100以上書いていたりします。紙の文庫本だとそのなかの幾つかが収録されている形ですが、どの本にどの短編が収録されているのか分かりづらいですし、全部集めようとなるとなかなか大変です。とはいえバカに分厚い全集は持ち運びには向きません。そんなわけで電子書籍で全集を読むのはなかなか理にかなってると思ってます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。紙の本に比べてそんなにメリットが大きくないので、頻繁には使っていないのが現状です。僕が単純に紙の本の方が好きだというのもありますが。

ですが紹介したように全集を手軽に読めるのはkindleならではで、それまでとっかかりづらかった近代文学を気軽に楽しめるようになりました。旅行中なんかにさらさらと短編を嗜むのも乙なもんですよ。スマホやタブレットに比べると圧倒的に字も見やすいですし、充電もめっちゃもつので安心です。

たまに話題の本のポイント50%還元セールとかもやっています。最近だと又吉さんの「火花」はセールの時に買いました。

端末ですが、僕も使っているpaperwhiteモデルを買えば間違いないと思います。ただのkindleは解像度も低いし、バックライトがないので就寝前とかには使えないです。VoyageとOasisは読む機能自体にほぼ差はないのに高すぎます。3Gはほとんどの人はいらないと思います。Wifiだけで十分です。ちなみにプライム会員は端末が割引になるのでお得です。月一冊無料で読めるkindle オーナーライブラリーもついてきます。★Amazon Primeについてはこちら★

またAmazonには月額980円で様々な本が読み放題になるkindle Unlimited というサービスもあります。興味のある方はチェックしてみてください。▼1か月無料体験できます▼

ちなみに僕は「totte」という製品を後ろに取り付けています。kindleに最適でめっちゃ持ちやすくなりますよ。

合わせて読みたい!
お読みいただきありがとうございました!
▼この記事を今すぐSNSでシェア!▼