テーブルの上で手軽&快適に一人鍋がしたい!ミニグリルパン!

こんにちは!

全国の一人暮らしのみなさん、今年も一人鍋の季節がやってきましたね!

(日本にはおよそ1300万の一人暮らし世帯があるそうです。大体10人に1人は一人暮らしをしてるわけですね。)

いろんな意味で身に沁みますよねぇ~

まあ人肌恋しい季節ですし、一抹の寂しさとか虚しさとかの中、白菜に豚肉を巻いて頬張るわけですよ。

ウメぇ。。。最高かよ。。。(*´ω`*)

というわけで、今回は手軽に一人鍋ができるミニグリルパンを紹介します!

一人鍋のいいところ

img_0481

手軽

まずなんといってもこれ! 具材を切るだけ! 一人だと誰に頓着することもないですから、豚肉なんて切る必要すらなし。

スープも今は色々な種類が売られてますから、いろんな味が楽しめていい ですよね。僕は保存が楽で細かく使えるので、鍋にぶち込むだけのキューブ型の奴を使ってます。

しめ の雑炊やうどん、ラーメンなんかも醍醐味ですよね。食べ過ぎには注意ですが(笑)

安い

冬は葉物の野菜が安い!一人暮らしで不足しがちな 野菜が大量に食えます 。一回分の白菜は50円ぐらいですみます。肉も安売りを狙えば、まあ100円程度です。

僕は大体豚肉と白菜プラス1(きのことかニンジンとか)です。あんまり具材の種類を増やすと費用はかさみますが・・・。一人鍋あるあるですね。

テーブルの上で一人鍋!

これまでずっと一人用土鍋を使っていたのですが、テーブル上でできない ことが地味に不満でした。寒い季節ですし、追加とかしめとかでいちいちキッチンに立つのが面倒だったんです。豚肉も茹ですぎるとカスカスになってしまいますし。

しかも先日使っていた土鍋を

(;´Д`)ガシャーーーーーーーーーーーーーン

落として割ってしまいました。(ちなみに蓋は一年前に既にお亡くなりでした)

ミニグリルパン

img_0484

というわけで Abitelax のミニグリルパンというものを購入してみました。2630円でした。

電気加熱式 なので、テーブル上で使えます。

プレートが 鍋用 の他に 焼き物用 がついてるのも地味に嬉しい。ステーキとかやってみたい。たこ焼きプレートもついてたら最高でしたね。蓋はガラスの蓋がついてます。全てのパーツを重ねられられるので 収納もコンパクト です。

img_0487

 

あまり 高さがない のもいいですね。操作は強度調節のツマミだけ。シンプルですね。

実際に使ってみた

具材は豚肉・白菜・人参のみ。ザ一人鍋ですね。寄せ鍋風味です。

img_0479

火力は十分

img_0480

なんといっても火力が最重要!普通にぐつぐつと煮立ってたので 十分 かなと思います。テーブルの上で、豚をサッと茹でて食うのが最高です!

火力の調節は、ある程度熱したら勝手にちょっと止まって、また勝手に熱してという感じです。(アイロンとかによくある感じかな?)なのでガスコンロみたいにリアルタイムで微妙な調節はできませんね。鍋のときはそんなに問題ないですが、焼き物の時はどうなんだろう。また使ったらレビューしてみたいと思います。

プレートが軽くて洗いやすい

プレートはアルミ製で軽いです。150gぐらい。あとフッ素樹脂塗装がされてて、汚れが取りやすいです。消耗品なのでいつまでもつかですが。これから超お世話になりそうなので、油とか塗りつつ大事に使いたいと思います。

気になった点

先ほども書いた微妙な火力調節ができないところと、コードが短めなのは気になりました。安価な商品なので価格相応という感じですが。コードが短いのは延長コードで対処できますし。

まとめ

img_0482

しめの雑炊まで美味しくいただきました。

土鍋には土鍋の良さがあるとは思うんですが、重かったり扱いづらかったり煮ながら食えなかったりと不満な点も多かったんですよね。この 不満点全部解消 されました。

ぼくと同じような不満がある人は是非どうぞ!

一人鍋で冬を乗り越えていきまっしょい!

合わせて読みたい!
お読みいただきありがとうございました!
▼この記事を今すぐSNSでシェア!▼