Amazonプライムは登録する価値があるのか検証してみた

僕は2年ほど前にAmazonプライム会員に登録して、Amazonライフをエンジョイしてます。最近ではCMもバンバンやってますが、実際のところどうなの?って思っている人も多いんじゃないでしょうか?ネットで調べると入らないと損ぐらいの意見が多いですよね。

めちゃくちゃ安い値段で様々なサービスが受けられるのはその通りなのですが、どんなサービスでも自分の使い方と合っていなければ損になることもあります。

というわけで今回は僕自身の利用の実情を紹介しながら、Amazonプライムは本当に登録する価値があるのか検証していきたいと思います。【公式サイトはこちら

どんなサービス?

まずはサービス自体について。

年会費3900円(税込)!勘違いしている人もいるかもしれないですが月額じゃなくて年会費です。なので月額換算すると325円と弁当より安いです。年会費ではなくて月ごとに支払いをするプランもありますが、月額400円と割高なのでおススメできませんが、いつでも退会することができます。

ちなみに学生は約半額の年会費1900円で、Amazonプライムとほぼ同じ内容の「Amazon Student」というサービスがあります。書籍ポイント還元など「Amazon Student」にしかないサービスもあるので学生の方は要チェックです。

以下に利用できるサービスをさらっとまとめます

  • 送料無料、お急ぎ便、お届け日時指定便無料
  • プライムビデオ見放題
  • プライムミュージック内の楽曲聞き放題
  • プライムフォト(容量無制限画像特化のクラウドサービス)
  • kindle端末4000円引き
  • kindleオーナーライブラリー(毎月一冊対象書籍無料)
  • プライム会員限定先行タイムセール

 

これらが全部利用できるわけですが、僕の率直な感想としては

送料無料になるのが一番のメリット。プライムビデオは料金を考えると悪くない。その他はおまけ程度。

というところです。もちろんこれは僕の場合です。詳しく解説していきます。

送料無料は最大のメリット

なんといってもAmazonの本業は通販です。プライム会員でない場合2000円以下の購入には送料がかかってしまうわけですが、これではAmazonの素晴らしさが半分以下になってしまいます。というのもAmazonは2000円以下の価格帯にこそ見どころのある商品が多いからです。▼買って良かったものまとめました▼

合わせて読みたい!

Amazonの強みは規模の大きさにあります。そのため小売店では売りづらいニッチなニーズを満たす商品や日常をちょっと豊かにするアイデアグッズなんかを取り扱うことができるわけです。最近でいえば「ハンドスピナー」なんかもAmazon発で火が付いた商品ですよね。

他にも「どれ買っても一緒やろ」的な生活家電やガジェット類・日用品はAmazonのレビューが多く評価の高いものを選べば、コスパも良くハズレがないです。こうした製品も2000円以下のものが多いです。

もちろん2000円以上になるように毎回合わせ買いすることもできますが、やはり無駄が多いし面倒です。僕はちょこっとした買い物を煩わしい操作なく手軽に楽しめる」のがAmazonの醍醐味だと思います。Amazonプライム会員になればそんなAmazonライフが思う存分楽しめます。ちなみに月一回2000円以下の買い物をするならそれだけで元がとれます。

ちなみに高い買い物は他の通販の方がAmazonよりもお得な場合も多いです。価格.comでの比較が便利ですね。僕のこれまでで一番の買い物は12万程度のノートPCなんですが、Amazon以外で買いました。多少手間はありますが数千円単位で変わってくることもあります。

あとお急ぎ便や日時指定便は別になくても困りませんが便利は便利です。

アマゾンプライムビデオ

対象の動画が見放題のアマゾンプライムビデオについてです。動画の見放題サービスはそれぞれに特徴がありますが、プライムビデオは誰が見てもハズレがない無難な作品がそろっている印象です。僕自身はあまり積極的には見ないですが、たまの暇つぶしには最適です。

いわゆる名作映画に強い感じがします。アニメはなぜかロボットアニメのラインナップが良いですが、それ以外も悪くないです。放映中のアニメもいくつかは見れます。ドラマがちょっと弱いかな。最近ではプライムオリジナルの作品もでてきて、芸人の松本人志さんの「ドキュメンタル」などかなり尖った作品も楽しめます。【対象作品はここからチェック(公式サイト)

見放題サービスは「こっちにはないけどあっちにはある」みたいなことがよくあります。月額325円ということを考えると単体でも十分破格なサービスです。特に映画好きの方にはおススメです。

その他のサービス

アマゾンミュージックは洋楽に強くて、邦楽がイマイチな印象です。【対象曲はここからチェック(公式サイト)

プライムフォトはgoogleフォトの方が便利なので使っていません。同期サービスは写真以外も同じアカウントでまとめて無料で管理できるgoogleのサービスの方がおススメです。

kindle端末4000円割引はお得。一年分のプライム料金を帳消しにしてお釣りがくるので、kindleを買う場合はプライム会員に登録しないと完全に損です。kindle端末を買う価値があるかどうかは別個に記事書きました!

合わせて読みたい!

kindleオーナーライブラリーは本の虫から言わせてもらえれば、ぶっちゃけ読む価値のある本は少ないです。

タイムセールに先行できるのは普通にお得。Amazonのタイムセールはかなりお得になることも多く、上手く利用すればそれだけで元が取れることも十分ありえます。

まとめ

僕の利用の実情を紹介しながら、Amazonプライム会員のメリットについて検証してきましたがいかがでしたでしょうか?

途中でも紹介しましたが、僕は「ちょこっとした買い物を煩わしさなく手軽に楽しめる」のがAmazonの醍醐味だと感じています。ぼくもこれまで日常がちょっと快適になったり楽しくなったりする製品を色々購入して、毎日がはかどるようになりました。プライム会員になるとそんなAmazonライフをエンジョイすることができるようになります。

またプライムビデオは月額325円ということを考えると単体でも十分破格なサービスです。安くて手軽な暇つぶしが欲しいという人にはオススメです。

登録は Amazonプライム 公式サイト へアクセス!30日間は無料で体験することができるので、ぜひ一度試してみてください。ちなみに解約を忘れて1か月以上経っていても返金してもらえます。流石、天下のAmazon様ですね。登録にはAmazonアカウントとクレジットカードが必要です。

▼登録はコチラから▼

Amazonプライム 公式サイト

AmazonStudent 公式サイト

合わせて読みたい!
お読みいただきありがとうございました!
▼この記事を今すぐSNSでシェア!▼