傑作ミステリーに完敗した話

正直に告白すると、ミステリー小説はほとんど読まない。別にミステリーを貶しているわけではなく、僕が小説に対してミステリー小説的な楽しみをあまり求めないからだ。

手の込んだ殺人トリックや叙述トリックで終盤に大どんでん返しされても、

「はい。うん、まあ確かに無理ではないね。で?」

となってしまう可愛げの欠片もない読者なのだ。

そんな僕がほんの気まぐれで手に取ったミステリー小説は「ミステリーの女王」ことアガサ・クリスティーの最高傑作と名高い『そして誰もいなくなった』だ。結論から言うと僕はこの作品のおかげで初めてミステリー小説の醍醐味を味わうことができたかもしれない。

『そして誰もいなくなった』の凄さ

プロットはいたってシンプルだ。

孤島に集められた面識のない十人が一人ずつ殺されてゆく。犯人は十人の中の一人…。全員が死んだ時が物語の終わり。

『そして誰もいなくなった』の凄いところは一見ミステリーの入り込む隙間が無いように見えるところだ。伏線となるような入り組んだ描写もほとんどないまま、淡々と物語は進む。

佳境に近づき、僕は犯人を予想しながら読んだ。予想にあたって考慮すべき要素は少ないはずなのに結局分からなった。そして読み終わったとき「やられた!」と思った。物語を読み進めるうちに、ある可能性を自分自身で否定していたことに気づいたのだ。

ミステリーの醍醐味は当たり前だが「予想外の結末」にある。とはいえ読者が絶対に思いつかないようなトリックは実は二流かもしれない。一流のミステリーは読者に最終的な正解を検討させたうえで、それを読者自身に否定させる

僕は『そして誰もいなくなった』にこれを完璧にきめられた。なにかトリックがあったというより、物語を読むうちにいつのまにか正解にたどり着くカギを盗まれていた。人間は無意識のうちに思い込みを作り出していて、それを否定することはとても難しいことを思い知らされた。

合わせて読みたい!

ミステリーを楽しむには

人は予想外のことが起こった時に脳が活性化するらしい。ミステリーそんな楽しみを手軽に味わえる娯楽だが、そのためには自分でしっかりと予想することが欠かせない。

思い返せば今まで真剣にミステリーの予想に取り組んだことがなかったのかもしれない。何を考慮すべきかわからなかったし、どうせ分かるはずもないトリックだろうと諦めていた。何冊も読んでミステリーを読む素地ができれば、もっと楽しめるのかもしれない。

とはいえ誰もが最初はミステリー初心者だ。紹介したように『そして誰もいなくなった』は僕のようなミステリーの素地がほぼない人でもミステリーの醍醐味を味わうことができるのでオススメだ。人間がいかに思い込みにとらわれるかを自分自身で存分に体験することができると思う。

合わせて読みたい!
お読みいただきありがとうございました!
▼この記事を今すぐSNSでシェア!▼